サバイバル関連

建築勢も愛用!マイクラをオシャレにするおすすめリソースパック16選

【2020.8.26】1.16.2対応リソースパック追加しました

マイクラで遊んでいると感じる、『こんなデザインのブロックがあったら』『現実の素材みたいな質感を出せるブロックがあったら』をかなえてくれる、リソースパック。

今日は、デフォルトのマイクラでは味わえないような便利さ、オシャレを楽しむことができるおすすめリソースパックを集めてみました。

リソースパックの導入も基本的には簡単です。建築勢も愛用している素晴らしいデザインのリソースパックをご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

この記事の内容

  1. 各バージョン対応のリソースパック
  2. 回路におすすめリソースパック
  3. GUIを可愛くするリソースパック

1.16.2対応 おすすめリソースパック

Default 3D

次は、マイクラのブロックを3Dで楽しめるDefault 3D。

これは、マイクラのほとんどすべてのブロックを立体的にしてくれるちょっと変わったリソースパックです。

レンガや石、木材などにも凹凸がつくのが面白い。

ブロックそのものにデザイン性があるので、普通の豆腐ハウスを建ててもいい感じのログハウスに見えるのもありがたいところです。

ただ、木材は木材の、石は石の質感がより濃くでてくるので、あまり都会の街づくりにはおすすめしません。

どちらかというと、カントリー風やフロンティア時代なんかの建築の方がしやすいかもしれませんね。

対応バージョン 1.8~1.16.2
ダウンロードサイト Planet Minecraft
データサイズ 17.7MB
製作者 Know2Good

↓画像をクリックで拡大

 

Jicklus Resource Pack

オリジナルのリソースパックより、より滑らかで温かみのある雰囲気を楽しめるのがJicklus Resouce Packです。

ランタンや各職業ブロックのスキンも家具として使いやすいよう調整されているので、初心者でも扱いやすいよう、建築の表現などがより豊かになっています。

しかし同時に、ネザーのブロックには動く目玉が付いていたり、マグマがよりドロッと表現されていたりと、ネザーならではの不気味さも楽しめるリソースパックです。

対応バージョン 1.14~1.16.2
ダウンロードサイト resourcepack.net
データサイズ 8MB
製作者 Jicklus

↓画像をクリックで拡大

 

BetterVanillaBuilding Resource Pack

BetterVanillaBuilding Resource Packは、特に木材、石材、また花などで、オリジナルのテクスチャを残したまま、より詳細に表現しているリソースパックです。

その名の通り、バニラの世界観を楽しみつつ、建築がより美しく見えるようにと作られたリソースパックなので、現在すでに遊んでいるワールドに導入するときも違和感なく入り込めるのが特徴です。

同じ石材を使って建築をしても、ところどころで勝手にテクスチャを変化させ自然な仕上がりになるよう工夫されていたりするので、どのようにすればよりリアリティを出せるかよく分からない、勉強したい、という方に特におすすめです。

また、「特定のブロック同士が隣り合うと、一方がもう片方に合わせ色が変化する(例えば、白樺の隣に本棚を置くと、本棚が白樺と同色になる)」という特徴も。

Optifineを入れることでこのような変化も楽しめるので、細かいところまでこだわりたいという方は、同時にOptifineも導入しておきましょう。

関連記事>>Optifineの導入方法

【マイクラ軽量化】最新1.16対応!Optifineの導入方法マイクラJava版を遊んだ方なら一度はマイクラ重たい…こんなカクついてたら遊べない…という経験をしたことがあるのではないでしょうか。 ...

また、なんとこのテクスチャ、1.16にもすでに対応済みとサイトに書いてありました。未だスナップショットの段階と思われますが、本アプデが来たら1.16対応になるのも早いかもしれませんね。

対応バージョン 1.15~1.16.2
ダウンロードサイト resourcepack.net
データサイズ 8MB
製作者 STEFANJ2

 

Jolicraft

最近追加されたJolicraftは、ダークファンタジックなワールドを作るのにおすすめのリソースパックです。

全体的な色合いが暗く、サバイバルでは少し使いづらいかもしれません。が、他のリソースパックでは出せない『マイクラの雰囲気&ダークファンタジー感』を出せるのが特徴です。

デザインがトゲトゲしていないので、ダークな雰囲気を出す街を作りたいけどどうしたらいい科分からない、という方にも扱いやすく、おすすめです。

対応バージョン 1.13~1.16.2
ダウンロードサイト Resource Pack for Minecraft
データサイズ 9.1MB
製作者 ANDREJOLICOEUR

↓画像をクリックで拡大

 

Seamless glass panes【NEW!】

基本のテクスチャは一切変えずに、ガラスの枠だけをキレイに消し去ってくれるリソーパックがこのSeamless glass panes

バニラのままのテクスチャが好きだけど、ガラスの区切りがイチイチ視界に入り窓越しの景色を楽しめない、外観をキレイに見せたいから窓枠を消したい、と思っている方にオススメです。

特に大型建築でガラスをふんだんに使用するときには、窓枠の有る無しで見た目が大きく変わってきます。建築物を細部までキレイに表現したい、という場合に利用するといいでしょう。

対応バージョン 1.15~1.16.2
ダウンロードサイト Planet Minecraft
データサイズ 0.7MB
製作者 Technodono

↓画像をクリックで拡大

 

8-bitCraft 2 Resource Pack【NEW!】

古き良きマ○オの世界のようなビット感を味わいたいなら8-bitCraft 2 Resource Packを使ってみましょう。

基本デザインは引き継がれていますが、ビット数が少ないおかげでマイクラ全体が可愛らく変化しています。

このリソースパックを使って細かい建築などをするよりは、敵MOBなどが怖く戦闘が苦手な方がサバイバルプレイに利用するのが良いかも知れません。

リアリスティックを追求したリソースパックが多い中、このようなゲームの歴史をさかのぼるようなスキンも面白いですよね。

対応バージョン 1.15~1.16.2
ダウンロードサイト resourcepack.net
データサイズ 6.1MB
製作者 DTOBIK

↓画像をクリックで拡大

 

ShengLing Resource Pack【NEW!】

建築物やワールドにほんの少しディテールを加えたい、という時に使えるShengLing Resource Packもおすすめです。

基本的にはほぼデフォルトと同じスキンのこのリソースパック。

ですがレンガや石材などが少し使いやすくなっているほか、MOD無しで花の種類を追加、クラゲなどのMOB(動いていないのでMOBではないかも知れませんが)も追加されます。

さらに葉ブロックが少しフサフサしていたりするので、これらを拠点の垣根や木として取り入れることで、建築レベルを簡単にアップさせることができるでしょう。

 

対応バージョン 1.11~1.16.2
ダウンロードサイト resourcepack.net
データサイズ 7.7MB
製作者 COCO_FISH82

↓画像をクリックで拡大

 

1.15.2対応 おすすめリソースパック

Compatible Conquest 32×32

次は少しテイストの変わったCompatible Conquest。

これは、RPGのような世界観をかもし出しているリソースパックになります。

ホラーゲームやダークファンタジー系のスキンに加えて32×32デザインなので、”マイクラ感”がかなり抜けてきます。

建築慣れしていないとなかなか使いこなすのは難しいかなと思いますが、独特の世界観が作れることを考えたら慣れる価値あり。

少し重たいので、パソコンのストレージ管理に注意です。

対応バージョン 1.15.2
ダウンロードサイト Planet Minecarft
データサイズ 207MB
製作者 JohnSmith

余談ですが、Bloodborneの墓地を作ったりするのにおすすめです。

 

1.14対応 おすすめリソースパック

Flows HD

1.14アップデートの2日後には対応バージョンが公開されていた最強モダンリソースパック、Flows HD。

モダンな雰囲気が特徴で、現代建築・高層ビル建築などに最適です。

メタル素材(鉄など)の光沢もしっかり演出されていて、リアルな素材感を感じられます。

1.7から対応バージョンがあるのも魅力で、最新バージョンがいやだという方でも使えるのも便利なポイントではないでしょうか。

対応バージョン 1.7~1.14
ダウンロードサイト resourcepack.net
データサイズ 63MB
製作者 _Eisregen_,Lukolas,Exevium

↓画像をクリックで拡大

 

Mizuno’s 16 Craft

次は、Mizuno’s 16 Craft。

Faithfulは32×32のなめらかなデザインでしたが、このMizuno’s 16 Craftは、16×16でデザインされた建築向けリソースパックになります。

鉄ブロックは茶色のカーペットっぽい素材になってしまったり、ダイヤブロックがタイルのようになったりしていて、もともとの素材が何だったのか分かりつらいのが少々難点。

しかし一度慣れてしまえば、ヨーロッパの街並みやオシャレなカフェづくりに非常に重宝するリソースパックです。

全体的に温かみがありブロック同士が相性を選ばないことに加えて、製作者が日本人であることも、初めてリソースパックを導入する方に特におすすめできる理由ですね。

個人的には一番好きなリソースパックです。

対応バージョン 1.14
ダウンロードサイト Planet Minecraft
データサイズ 5.4MB
製作者 Mizuno

↓画像をクリックで拡大

 

1.13.2対応 おすすめリソースパック

Faithful 32×32

まず最初におすすめするのは、Faithful 32×32。

これは、デフォルトでは8x8の小さなモザイクでデザインされているブロックを32×32までキメを細かくしたリソースパックになります。

写真を見てわかる通り、デフォルトと同じデザインだけれどキメが細かく滑らかになっていますよね。

バニラが好き&オリジナルのマイクラを残しつつ建築もしやすいスキンが使いたいという方におすすめです。

サバイバルで遊ぶときにこのスキンを使うと画面のチカチカが軽減される(気がする)ので、私は常に使っています。

対応バージョン 1.17~1.13.2
ダウンロードサイト resourcepack.net
データサイズ 5.3MB
製作者 Vattic

 

1.13対応 おすすめリソースパック

Modern HD

現代建築をしたいならModern HD。

全てのブロックが滑らかになり、凹凸もなく、無機質な素材のようなテクスチャになるので、コンクリメインの現代建築と非常に合います。

高層ビルや都心のビル群などで特に使い勝手がいいですよ。

凹凸のない壁や透き通った窓、新築マンションでよくありそうな”無駄のないモダンハウスデザイン”も簡単に表現できてしまいます。

個人的に、このリソースパックの木材はフローリング感がかなりでるので実際のマイクラでも欲しいと思うくらいです。

影MODと組み合わせると、つい住みたいと思ってしまうような素敵な建築ができますよ。

対応バージョン 1.13.2
ダウンロードサイト Planet Minecraft
データサイズ 22.4MB
製作者 mikeyto1o

 

1.12.2対応 おすすめリソースパック

Autumn Season Pack

通常のマイクラの世界の中に季節を取り入れてくれるAutumn Season Packもおすすめです。

Autumn Season Packはその名の通り、”秋”をマイクラに呼ぶことができるリソースパックで、木々の葉の色、草の色が紅葉を感じさせてくれます。

その他のブロックに変化はなかったので、どちらかと言うとサバイバルでの導入になるでしょうか。

同製作者さんからほかの春・夏・冬バージョンのリソースパックも出ているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

ただ、”春バージョン”に期待する桜はなかった(少し色づいていますが、桜には見えなかった)ので、桜が欲しい方はほかのリソースパックを選びましょう。

対応バージョン 1.12.2
ダウンロードサイト Planet Minecraft
データサイズ 4.7MB
製作者 Light Drifter

 

1.7.10対応 おすすめリソースパック

Cocricot

マイクラ公式ブログで紹介されたこともあるCocricotも、建築に非常に役立つリソースパックです。

YouTubeで人気のマイクラ建築勢実況者さんPON-Pの動画でもよく使われているもので、Cocricotを使うとヨーロッパ風の街を簡単に作れるようになります。

対応バージョンは1.7.10(クリエイティブ用)のみですが、バージョンを下げてでも使いたくなるクオリティ。

Cocricotを初めて使う方は、そのワールドの美しさにきっと驚くと思いますよ。>>マイクラを過去バージョンで遊ぶ方法

最新版で使えるブロックはまだ追加前なのでブロック数の総数は少ないにも関わらず、最新版対応のリソースパックに勝るとも劣りません。

これが1.7.10で使えるデフォルトのブロックで、

そして下の写真がCocricotです。

落ちついた色合いがどんな街にもマッチしてくれるので、建築全般で使えます。

Forgeの導入Optifineの導入が必須であることがPC初心者には難しいかもしれませんが、公式サイトの導入方法をもとにしながら使ってみてくださいね。

対応バージョン 1.7.10
ダウンロードサイト Cocricot
データサイズ 25MB
製作者 きぃこ

 

回路におすすめのリソースパック

回路専用zip

最後に、回路練習に役立つ便利なリソースパック、レッドストーン回路専用zipをご紹介します。

これは、普段は分かりづらい日照センサーから出力される信号の強さや、レッドストーンのON・OFFの違いなどを非常に分かりやすくしてくれているリソースパックです。

難しかったり複雑な組み方をしている回路で『ホッパーがどちらを向いているか』『オブザーバーの信号の向き』、

初心者が間違えやすい『リピーターとコンパレーターの違い』などを一瞬で見分けることができるのが、最大のおすすめポイント。

回路に詳しいえびちりさんが作ったリソースパックですので、レッドストーンを使った回路の練習の際にはぜひ使ってみてください。

対応バージョン 1.14
ダウンロードサイト えびちゃんねる
データサイズ 0.2MB
製作者 えびちり

 

GUIをかわいく変更するリソースパック

Advanced GUI 1.14

建築向きではありませんが、マイクラのGUIのデザインを変えることのできるリソースパックを番外編としてご紹介します。

Advanced GUIという名前で、右クリックでインベントリを開くことのできるブロックを対象にデザインが変更されているものです。

かまどを開くとアイテムが入っているところの絵がかまどになっていたり、クラフトテーブルがクラフトテーブルそのままの絵になっていたり。

結構かわいいですよね。

デフォルトよりもマイクラが少しオシャレになるので、気に入った方はぜひ使ってみてください。

ただ他のリソースパックと組み合わせて遊んだりすることはできないので、このリソースパックを導入するときはバニラで遊ぶようにしましょう。

対応バージョン 1.13~1.14
ダウンロードサイト resourcepack.net
データサイズ 0.1MB
製作者 Blasjel

 

おすすめリソースパック まとめ

今回は、無数にあって悩んでしまうリソースパック選びをお手伝いするおすすめリソースパック集をお届けしましたがいかがでしたか。

今回紹介したリソースパックの動作はすべて確認済ですので、バージョンさえ同じであれば、問題なく使えるはずです。

色々試して、お気に入りを探してみて下さい。

またダウンロードしたリソースパックを正しく導入するために、まだやり方をご存知ない方はリソースパックの導入方法もぜひご覧ください。

【マイクラ】誰でも出来るリソースパック導入方法!マイクラをもっと楽しく美しく!マイクラなのにマイクラじゃない、色々なスキンでマイクラのワールドを楽しめるリソースパックは、今ではゲームプレイに欠かせない存在です。 ...
ABOUT ME
ぜんだ
ぜんだ
サバイバルで巨大な建築物を作るのが好きな暇人、ぜんだです。Twitterstand.fmでのんびりラジオもしているので、ぜひ遊びにきてくださいね。 ご意見・ご感想はお問い合わせからお待ちしています。また、企業様向け広告掲載等承っております。詳しくはこちらをご覧下さい。