サバイバル攻略

【Java最新版1.15】超コンパクトな自動羊毛回収機のつくり方

オブザーバーが実装されてから、回路関係が色々と便利に、そしてコンパクトになりましたね。

今まで線路を使い、トロッコを走らせアイテムを回収してきた機構も、オブザーバーのおかげでたった3マスで済むようになりました。

そんな機構の1つが、羊の自動羊毛回収機構です。

ということで今回は、自分で羊毛を切ったりせずに済む、放置型の自動羊毛回収機のつくり方をご紹介していこうと思います。

自分が他の作業をしている間にも、羊毛を回収できるようにぜひ、作っておきましょう!

参考動画

今回参考にした動画はこちらになります。機構のつくり方を動画で見たい、という方はぜひこちらもご覧ください。

 

必要なアイテム

では、まずは必要なアイテムから説明していきます。自動羊毛回収機構は、1匹の羊に対して、以下の材料で作ることができます。

必要なもの

  1. 線路x1
  2. 脱走防止用ブロック(ガラスなど)
  3. ホッパー付きトロッコ
  4. チェストx1
  5. ホッパーx1
  6. オブザーバーx1
  7. ディスペンサーx1
  8. レッドストーンパウダーx1
  9. 草ブロック(最低x2)
  10. ハサミx9

オブザーバーやディスペンサーを作るには多少手間がかかるかもしれませんが、それ以外は比較的序盤でも手に入れやすい材料で作ることができるのが、今回の機構の特徴です。

 

自動羊毛回収機構のつくり方

手順①3マス下に掘り進み、アイテム収納機構をつくる

準備ができたら、さっそく作っていきましょう。まずは、地面を下に3マス掘ります。

その場所でアイテムを回収することになるので、同時にホッパー(チェストに繋ぐ)とチェストを設置してください。

手順②回収機構をつくる

次に、ホッパーの上に線路と、ホッパー付きトロッコを置きます。

ただのホッパーではなくホッパー付きトロッコを使用するのは、ホッパー付きトロッコであれば、その上にブロックがあったとしても、ブロック上にあるアイテムまで回収してくれるからです。

手順③オブザーバーとディスペンサーを置く

それができたら、次はホッパー付きトロッコの上のマスと隣り合うようにオブザーバー、そしてその上にディスペンサーを設置してください。

手順④草ブロックとガラスを置く

そして、ホッパー付きトロッコの上に草ブロックを置いてください。

そして、ホッパー付きトロッコの上の草ブロックに羊を格納できるよう、周りをガラスやその他ブロックで囲っておきます。

※画像では「柵でもOK」とありますが、柵ではだめです。カットした羊毛が外に飛びててしまうことがあると判明しましたので、必ずブロックで羊を収納してください。

間違いを訂正してお詫びいたします。

あとは、ガラスで囲った中心部分(ホッパー付きトロッコの上の草ブロック)に羊を連れてくれば完璧です。

手順⑤ハサミとレッドストーンパウダーを設置

それでは、仕上げといきましょう!

ディスペンサーの中に、羊毛をカットするハサミを入れていきます。

入れるハサミは1つでも機能しますが、沢山入れておいた方が長時間放置できるので楽ですよ。

 

最後に、ディスペンサーの真後ろに、レッドストーンパウダーを1つ、置いてください。

このレッドストーンパウダーが、オブザーバーが下の草ブロックが羊に食べられたことを感知して(つまり羊毛が生えたことを感知して)発信した信号をディスペンサーに伝えてくれます。

完成!

これにて、自動羊毛回収機構の完成です!

 

もし羊毛がうまく集まらないときは

ではここから、もし羊毛回収がうまくいかないときは、以下のことを確認してみてください。

チェック項目①草ブロックが伝播しやすい状況になっているか

今回の機構で最も大切なことは、羊の下の草ブロックと、その草ブロックが他の草ブロックに隣接しているか、ということです。

羊の下の草ブロックの周りに、他の草ブロックが隣接しているか確認!

上の画像のように、羊の周りのブロックが全て他のブロックで囲われてしまっている場合、草が食べるための草を他の場所から伝播させることができません。

羊が草を食べられなければ、一度刈った毛が二度と生えなくなってしまうので、機構の周りが草ブロックになっているかは、必ず確認しておきましょう。

その他、以下のようなことが原因で機構が動かなくなることもあります。

チェック項目②レッドストーンパウダーは水で流れていないか

意外と見落としがちなのが、ディスペンサー裏のレッドストーンパウダーです。

周辺で水などを使用したことがあると、水流でパウダーがはがれてしまっていることも考えられます。

一度チェックしてみましょう。

チェック項目③ハサミは壊れていないか

ハサミは、耐久力がダイヤ装備と比べるとほとんど無いアイテムです。

普段使用しているアイテムの消耗具合に慣れてしまうと、ハサミが壊れたことに気が付かないことも結構あります。

ディスペンサーの中にきちんとハサミは残っているか、確認してみてください。

チェック項目④オブザーバー、ディスペンサーの向きは合っているか

最後、もし最初から羊毛回収機構が機能しない場合、ディスペンサーやオブザーバーの向きが間違っている可能性があります。

向きはあっているか、上下はあっているか、など、今一度確認してみてください。

最後に

物資が整ってくると、ネザーやエンド、また新バイオームを求めて冒険に出たり、建築に精を出す機会が増えてくるでしょう。

そんなときに羊毛を自動で回収できる機構があれば、その分の時間と手間を節約できます。

余裕ができたら、ぜひ作っておきましょう。

関連記事>>無限に放置!3分で作れるつり機の作り方

【Java1.15対応】参考動画付き5分で作れる無限釣り機の作り方マイクラでワールドを開いてしばらく遊び、ある程度の武器、防具がそろってくると欲しくなるのが、エンチャント。 でも、エンチャントをするに...
ABOUT ME
ぜんだ
ぜんだ
マイクラ歴6年になるぜんだです。当サイトでは、サバイバル攻略情報や建築のコツなどを解説。マイクラ攻略に関する執筆の依頼やご質問はお問い合わせからお願いいたします。