ギミック

緑の染料を無限にする!完全放置&超絶簡単なサボテン自動増殖機3種

成長に非常に時間のかかるくせに、染料として消費するときには大量に必要になるサボテン。

今回はこの、集めるのに手間も時間もかかる植物『サボテン』の完全放置増殖機の作り方をご紹介していこうと思います。

  • 緑の染料を使おうと思ったときに、集め直さないといけない。
  • 増殖しようと植えてみても、成長が遅いから時間がかかる。
  • サボテン回収時にダメージを受ける。
  • 事故ってアイテムが消えてしまった。

このような多々の『メンドクサイ』を経験したことがあるのではないでしょうか。

自分が他の作業をしているときに勝手に育ち、回収してくれる、完全放置サボテン増殖機。

余裕が出来たら、ぜひ作っておきましょう。

サボテン自動増殖機 ホッパー式

ホッパー式自動増殖機は、5分ほどで製作可能な超簡単なギミックです。

完成図は以下の写真のようになります。

メリット

巨大化しやすいので、多くのサボテンを生産できる。

デメリット

大量のホッパーが必要になるため、鉄不足に陥りやすい。

必要な材料

8個
サボテン 8個
ホッパー 33個
カーペット 33枚
板ガラス 4枚
チェスト 1個

 

サボテン増殖機ホッパー型の作り方

サボテン増殖機を製作したい場所に、まずは砂を交互に置いていきます。

サボテンは隣にブロックがあると植えられない(アイテム化する)性質をもつのですが、回収時にその性質を利用するためです。

それが出来たら好きな場所にチェストを設置し、Shift+右クリックで全てのホッパーがチェストへアイテムを流すよう設置します。

砂の上にサボテンを植え、一方の列のサボテン間のスペースの2段目に板ガラスを置いてください。

この板ガラスによって、サボテンは成長した直後にアイテム化し、ホッパーに落下します。

最後に湧きつぶし用のカーペットをホッパー上にかぶせ、完成です。

(カーペットをかぶせても、アイテムはきちんと回収されます。)

この機構を組み込め、かつ街に溶け込みやすい家の作り方を別記事で紹介しています。

【初心者向け】サトウキビ&サボテン増殖機を組み込めるかわいい家の作り方せっかく素敵な家々を作ったけれど、そこに突然現れる無機質な素材の自動収穫機や自動農場の数々… 自分の拠点周りのそんな風景になんか納得で...

 

サボテン自動増殖機 水流式①

水流式サボテン自動収穫機は、ホッパーの利用を抑えより低コストで製作できるのが特徴です。

まずは1つ目の水流自動増殖機(以下の写真)について見ていきます。

メリット

1機での鉄の使用量を最小限に抑えられる。

デメリット

1機でたった4つのサボテンしか設置できないので、効率が悪い

水の環境音がうるさい。

必要な材料

羊毛 120個
4個
サボテン 4個
ホッパー 4個
チェスト 1個
板ガラス 4枚
看板 4枚
4個

 

サボテン自動増殖機水流式①の作り方

横5縦5高さ2の正方形を4つ、くっつけたような形を作ります。

内側の赤い羊毛で示した部分に壁となるブロックを追加し、正方形のど真ん中に砂ブロックを1つ置きます。

砂の上にサボテンを置き、サボテンの横2段目に板ガラスを設置してください。

この板ガラスにサボテンが触れるとアイテム化し、落下するようになります。

続いて、機構の中心部分に1ブロック分を掘りチェスト置いたら、チェストにアイテムが送られるようにホッパーを繋げてください。

このホッパーもチェストと同様、地面から1段埋まった状態になっています。

今度はアイテム化したサボテンをホッパーに流すための水を流していきますが、水源はサボテン裏の赤羊毛の部分のみに作ってください。

変な場所に他の水源を作ってしまうと、流れたサボテンが機構の端に寄ってしまったりして回収効率が下がってしまいます。

最後に、チェストまで流れてしまう水を止めるためホッパーの上に看板を設置してください。

これで、水流式サボテン自動増殖機の完成です。

 

サボテン自動増殖機 水流式②

最後に、水流式サボテン自動増殖機の2つ目について見ていきましょう。

メリット

鉄の使用量も少なく、巨大化もしやすい。

デメリット

水の環境音がうるさく、場所をとる。

必要な材料

羊毛 50個
6個
サボテン 6個
板ガラス 3枚
ホッパー 5個
チェスト 3個
2個

 

サボテン自動増殖機水流式②の作り方

まずは、7x10の長方形をコの字型に置いていきます。高さは2ブロックで作っておきましょう。

全ての壁から1マス離し砂とサボテンを置いていきます。

この時、ホッパー式のように交互に置いてしまうと水がうまい具合に流れなくなってしまうので、下の写真のように設置してください。

また、同時に板ガラスを中心列の3段目に設置していきます。

 

では、板ガラスに当たってアイテム化したサボテンを回収するための水を流していきましょう。

背面の両端、2マスから水を流していってください。

この時も変な水源を作るのを防ぐため、他の場所に水を流さないようにしましょう。

 

最後に、水流が終わるところに回収機構を作っていきます。

ダイヤモンドの上半分の形のように、5か所にホッパーを設置してください。

これで、サボテン回収機構は完成です。簡単ですね。

 

サボテン自動増殖機構のつくりかた まとめ

今回は3つのサボテン増殖機をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

1か月マイクラで遊んでいても、ラージチェスト分すら溜まらないサボテン。

レッドストーンも使わない簡単な機構ですので、ぜひ早めに作ってコツコツと貯めておきましょう。

もう作った?>>カンタン明快なサトウキビ自動収穫機構の作り方

【初心者でも作れる】カンタン明快なサトウキビ自動収穫機構の作り方マイクラサバイバル生活は順調に進んでいますか? ベッドを作ってからダイヤモンドをゲットするまでの大変な時期(笑)を乗り越えたころになる...
ABOUT ME
ぜんだ
ぜんだ
マイクラ歴6年になるぜんだです。当サイトでは、サバイバル攻略情報や建築のコツなどを解説。マイクラ攻略に関する執筆の依頼やご質問はお問い合わせからお願いいたします。